買取時に注意!白ロム・黒ロム・赤ロムとは?

スマホを買取りに出す時に「白ロムのみ」「赤ロムでも大丈夫」なんて言葉をみたことありませんか?

よくわからないまま買取に出すのは不安ですよね?

そんなときに知っておきたい「白ロム」「黒ロム」「赤ロム」の意味を覚えておきましょう。

 

白ロム

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンクなど)で発売されているスマホやケータイの場合、電話番号やメールアドレスなどの契約者情報が「SIMカード」に記録されています。

端末を変更しても、このSIMカードを差し替えるだけで、同じ電話番号が使えます。

スマホでは、SIMカードで契約者情報を管理しているので、SIMカードを抜いた状態の端末を「白ロム」と呼びます。

 

黒ロム

黒ロムは白ロムの逆でSIMカードが入った状態の端末のことを「黒ロム」と呼びます。

普段私たちが使っている携帯電話は「黒ロム」という事になります。

 

赤ロム

もとの所有者が端末の分割代金を払い切らないままでスマホを手放すことがあります。

そうなると、キャリアへの支払いが滞った状態になるので、キャリア側が端末での通信利用にロックをかけるんです。

ロックがかけられた状態の端末は「赤ロム」と呼ばれます。

赤ロムになった場合ロックが解除される事はなく、二度と白ロムにする事はできません。

ただしスマートフォンではWi-Fiを使っての通信は出来ます。

 

以上が白ロム・黒ロム・赤ロムの簡単な説明になります。

赤ロムの状態で売りにだしても買取金額が大幅に減額されたり買い取ってもらえないことも多いのでスマホを買取りに出すときは注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 服の買取のおすすめ!ファストファッションでも買取りできる3社!

  2. 宅配買取とは

  3. 基本的な買取の流れ

  4. AKBなどのCDを大量に買った後の4つの処分方法

  5. いらなくなった教科書などの3つの処分方法

  6. ブランド品の買取相場を調べるための2つの方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。